Yシャツの着こなし方

クールビズが5月1日からスタートした企業も多いのではないかと思います。
今回はイメージコンサルタントとして男性のシャツの着用方法による
イメージアップ方法をお伝えします。

欧米でYシャツは下着である事をご存知でしょうか?

スーツを汗などで汚さない為の下着、それがYシャツなのです。

洋画に出てくる俳優を思い出してください。
Yシャツを着替える場面で、Tシャツを下に着ている人を
見たことがありませんよね。
汗をかいたら、ロッカールームにストックしてある着替え用の
Yシャツに着替える、そういった感覚が欧米です。

素肌にYシャツを着るのはとても素敵で、男性の色気を感じます。

がしかし、湿度の高い日本では、汗を吸い取るTシャツを
Yシャツの下に着ている人がとても多いですね。

それぞれの国の文化、気候に合わせて洋服の着方が違って当然
で、どれが正しいとは言えませんが、

せめてこれだけは知っておいていただきたいと思います。

1、Yシャツの下に着るアンダーシャツにランニングはやめましょう。
 (すごくオジサンぽいです。結構透けて見えてます)

2、アンダー用のTシャツは白無地
  (ロゴが透けたりするとかっこ悪いです)

3、Tシャツの袖なしがスーツスタイルには◎(スリーブレスのTシャツ)
  袖があるものよりもスッキリと見えます。

男性の白シャツ姿は魅力的で私は好きですが、ヨーロッパのビジネスマンが
日本に来て、多くのサラリーマンが白シャツを着ているのを見ると
「今日は特別な日なのか?」と思ってしまうそうです。

ヨーロッパでは、白のシャツはフォーマルな時に、
色味のあるYシャツが日常的に着るという習慣
があるそうです。

つい最近まで「白のYシャツのみ可」と言う会社があったためか
本当に日本人は白のYシャツが好きです。

いざ、色味のあるYシャツにチャレンジしようとした時、
何色を買えばいいのかと迷われるかもしれません。

迷った挙句、失敗などと言う事が無いように
パーソナルカラーを知っていると便利です。

顔映りが良い色味は人それぞれです。
顔映りが良いカラー、それがパーソナルカラーです。


パーソナルカラーを知れば、選ぶべき色のYシャツを迷わず購入出来、
より素敵に見えること間違いなしでしょう。

Yシャツの色味も大切ですが、あなたに合う、シャツの襟があるのを
知っていますか?

ボタンダウンが似合うのか、ワイドスプレット(広がった襟)が
似合うのか、ロングポイント(襟の長さが長い)が似合うのか・・・

あなたの顔型で、似合う襟の形は違うのです。
シャツ一枚になる機会も多くなるシーズンです。
シャツにこだわりを持ち、イメージアップしてみましょう。

Follow me!

お問合せ

お問合せはこちら