シャツの襟の形

イメージコンサルタントの谷澤です。

クールビズスタイルになって重要になるのは「襟の形」についてお伝えします。

貴方の顔を支える「シャツの襟」は顔の印象を左右します。

どんなに美しい宝石もそれを支える爪のデザインが合わないと
輝かないものです。

貴方の顔を宝石だとしましょう。

それを一番輝かせる爪デザイン、それがシャツの襟元デザインです。

どんな襟の形が自分に合うのか、それは顔型に関係があります。

例えば、

●丸顔の方(丸顔 卵型)

襟羽開きの広い「ワイドスプレット」がお似合いになります。
丸い優しいお顔を適度にシャープに見せる効果があるからです。

丸顔の方が、襟先が丸いデザインの物を選ぶと、ソフトな感じが
強すぎて幼い印象になってしまうので注意が必要でしょう。


●顎の尖ったシャープな顔型の方(逆三角形の顔型)

「襟が少し大きなデザイン」を選び寂しい印象を緩和させましょう。
その他「ワイドスプレット」はお似合いになります。
襟羽が広かる事で、顔が安定した状態に見えます。

逆に襟先が長く尖ったデザインの物を選ぶと、
顎と襟で尖る印象を強くしてしまうため避けた方がいいでしょう。

●四角い顔型の方(真四角に近い顔型)

エラが張った顔型の方にお似合いになるのは、
襟羽開きの狭く、襟幅も狭い「ナロー スプレット」です。
厳ついイメージを緩和させます。

「ワイドスプレット」はエラの張りを強調してしまうので
避けた方がいいでしょう。

●面長の顔型の方(長方形の顔型 細長い楕円の顔型)

「ショートスプレット」といって襟が少し短いデザインを選びましょう。
または、「ボタンダウン」もお似合いになります。

襟の長い「ロングスプレット」は面長を強調してしまうのでやめましょう。


鏡を見ながら貴方の顔型にピッタリの襟を探してくださいね。

Follow me!

お問合せ

お問合せはこちら