男の余裕はカフスに表れる

イメージコンサルタントがお勧めするアイテムはカフスボタンです。

朝、慌しくクリーニングから上がったシャツを着て、時計を睨みながら
イライラとシャツのボタンを閉める。

こんなときに限ってボタンの掛け違いをしてしまう。

袖口のボタンはクリーニングの糊付けがきつ過ぎて、ボタンが掛け難く
一層イライラする・・・・。

「カフス?朝、そんな面倒な事してる時間が無いよ」という声が
聞こえてきそうです。

そんな男性が多いからこそ、貴方には、3分の早起きでグッと
差をつけるチャンスがあるのです。

●ではカフスの基礎知識です。

『シングルカフス』はボタンが予め縫い付けられている物がほとんどですが
カフスリング仕様になっている物もあります。
クラッシックなタイプと言えるでしょう。

『ダブルカフス』はふわりと折りかえした袖をカフスリングで止める
タイプです。

●カフスの演出方法です。

カフスリングが丸型の時は、丸のフェイスの時計と相性が良いです。
カフスリングが四角型の時は、四角いフェイスの時計が相性が良いです。

ダブルカフスの折り返した袖口にアイロンをかけて
ペッタンコになっている人をたまに見かけますが、
もったいないですね。
袖口に折り返した「ふわり」の存在感があってこそ、
ダブルカフスの主張を感じるからです。

●カフス効果で得られるファーストイメージの利点とは・・・

正直カフスリングは面倒です。

でも3分、その余裕があれば留められないことはありません。

その3分の手間で、その日名刺交換をした時の手に、エレガンスを
添えることが出来るのです。

名刺交換した時の袖からチラリと見える袖口に趣味の良いカフスリング
が見えた時、

時間の余裕、生き方のセンス、男のエレガンスが垣間見れ
「一緒に仕事をしたい」と思ってもらえるのです。

家に帰り、カフスリングを外す所作も良い物です。
朝のそれとは違い、肘を折り覗き込むように袖口のカフスリングを
外す様子は、なんとも言えずセクシーです。

女性のネックレスを外す所作のセクシーさ似ているといえば
ご納得いただけるでしょうか。


最初にカフスリングを購入する時は、いかにもブランド物を
選ぶよりも、オールマイティに使えるシルバーなものを選ぶ
事をお勧めします。

Follow me!

お問合せ

お問合せはこちら