偉そうな人は、偉くない

私は「えらそうな人」が苦手です。

コンビニエンスストアなどで、店員さんが敬語で
「お弁当温めますか?」
と聞いているのに
「ああ」しか言わない人。

『「ああ」じゃなくて、「お願いします」でしょう!』
って後ろから言ってあげたくなります。

本屋さんで
「本にカバーお掛けしますか?」と聞かれ
「ああ」としか言わない人。

同様に、『「ああ」じゃなくて「お願いします」でしょう!』
って後ろから言ってあげたくなります。

コンビニの店員さんも、本屋の店員さんもマニュアル道りの言葉を言っているのかも
知れませんが、客だからという理由で敬語に敬語で答えなくても良いという
ものでは絶対にありません。

なぜ、サービスを受ける時、サービスしてくれる人よりも
「えらそうになる人」が多いのでしょう?

サービスしてくれる人にチヤホヤされたいが故に、えらそうな態度をしているならば
すぐに改めるべきです。

自分を大切に扱ってもらおうと思うのならば、サービスを提供する人を
尊重する態度をとるべきです。

子供の頃、両親と一緒におすし屋さんに行きました。

板さんが
「お嬢さんは何を握りましょうか?」と聞いてくれました。

「いくら」と私は答えました。

その時、父と母が私に注意をしました。
ちなみに、高価ないくらを頼んだからではありません(笑)

『「いくらをください」でしょう!』と口をそろえて言いました。

お金を払ってサービスを受ける時、サービスを受ける側もサービスを提供する側も
同等だということを教えてもらったと思っています。

えらそうな態度はあなたの格を下げてしまいますので気をつけましょうね!

Follow me!

お問合せ

お問合せはこちら