パーソナルブランディングはまず「捨てる」ことから

イメージコンサルタントの谷澤史子です。

パーソナルブランディングを考えるときに必要なのは「捨てる」ことです。

何かを手に入れようと思ったら、何かを捨てる覚悟が必要です。


ああなりたい。
こうなりたい。

という希望がたくさんありすぎると、進むべき道が目の前にあるのに
足が止まってしまいます。


■何かを手にし、成功している人は、必ず何かを捨てています。


特にブランディングでは「捨てる」ことが非常に大切です。


例えば、ファーストイメージで以下のようなイメージを演出したいと言う人が
いたら私はムリですとお断りするでしょう。

可愛くて
賢くて
クールで
親しみやすくて
行動的で
控えめで
真面目で
独創的で
天然で
おおらかで
几帳面



もしこうなるように無理やり演出したら、得体の知れない人物になって
ファーストイメージで良い印象を残せないでしょう。


私のコンサルティングでは、ご自身が希望するパーソナルイメージを
教えてもらいます。

そのイメージの中ですでにお持ちの資質は演出項目として捨てます。


さらに、演出がマイナスになると思ったイメージ項目も捨てます。


そうやってイメージをプラスするよりも捨てて削っていったほうが
その人の本質の良さを表現できるのです。


さらにはギャップが「捨てる」事によって生まれます。



自分のファーストイメージにたくさんの項目を入れようとしていませんか?

それはまだ貴方が自分自身のブランディングに悩んでいる証拠です。

お困りの時は、個人コンサルティングにいらしてくださいね。

貴方のファーストイメージ戦略、私にお任せください!

Follow me!

お問合せ

お問合せはこちら