手帳に書くときに気を付けたいこと

ビジネスマナー講師の谷澤史子です。

皆さん手帳は使っていますか?
最近はスマホでスケジュール管理をする方も増えてきていますね。
公私のスケジュールを書き込む手帳というのはとてもパーソナルな物ですよね。

手帳を開いた時に中をのぞかれるのはなんとなく嫌なものです。

もちろん私も相手が手帳を見るときは何気なく目をそらします。


商談の最中、相手が手帳を開きスケジュールを確認していました。

商談している机の上にバーンと広げられた手帳。
見ないようにしていたのですが、
一瞬私の目が反応したのです。

なぜか人は自分の名前を見つけるのって早くありませんか?

相手の手帳には本日の日付のところに

「谷澤打合せ」

という文字があったので

「うん?谷澤?」と思わず見てしまったのです。


見てしまった私もいけないが、手帳をバーンと広げるからには
見られることを前提に記入しなくちゃいけませんよね。

せめて

「谷澤さん打合せ」

でどうでしょうか?
そんなに窮屈な欄ではなかったので「さん」くらいは書けたと思いますよ。


商談相手は礼儀正しい人でしたが

「谷澤打合せ」と言う文字に、少し疑問を持ったのでした。

手帳のようなパーソナルな物にこそ、誰に見られても失礼の無い
書き方をしなくてはいけません。

取り繕っても、ボロは思わぬところで出ちゃいます。

Follow me!

お問合せ

お問合せはこちら