質も量も大切です

イメージコンサルタントの谷澤史子です。
「パーソナルブランディング」について私の考えを
記したいと思います。


イメージコンサルタントは外見によるブランディングのお手伝いを
します。

しかし、中身の伴わない外見を作り上げるというのでは決してありません。


中身の素晴らしさを余すことなく外見で表現するというのが
イメージコンサルティングです。


たとえば・・・

「運動が嫌いなのですが、スポーツマンに見せたいです!」

という人がいたとしましょう。


私は

「何か相性の合うスポーツをまずは始めてみましょう。」

という提案をするでしょう。


中身が伴わない外見戦略は薄っぺらく、いわば石にメッキを張るような
仕事になってしまうからです。


石であれば一生懸命磨いて「石らしい輝き」を放たせるお手伝いを
私はしたいのです。


それでは、私がイメージコンサルタントとしてどのような
パーソナルブランディングをしているかというと

「お客様が安心し、コンサルティングを楽しんでもらえるイメージコンサルタント」

を目指しています。


それには何が必要か・・・・


コンサルティング経験を積み続ける(数の向上)
専門分野の勉強をし続ける(質の向上)

この二つのスキル以外ありません!

たとえば・・・・

あなたが病気になったとします。

その時、


ドラマに出てくるようなかっこよくって腕のよさそうだけど
その役を演じているだけのお医者さんよりも

実際に多くの患者さんに触れ(数)
常に勉強を怠らない(質)
お医者さんのほうを選びますよね!

そしてそれが外見に安心感としてにじみ出ていれば
なおさら信頼が増すでしょう。

内面と外見のバランス、

これがパーソナルブランディングなのです。


今年、ご自身のパーソナルブランディングを
真剣に考えたい!!

と思っていらっしゃる方、ぜひコンサルティングに
いらしてください!


数の向上と、質の向上のスキルを日々磨きながら
お待ち申しあげております。

Follow me!

お問合せ

お問合せはこちら