好感度アップの自己紹介

ビジネスマナー講師の谷澤史子です。
先日、ある交流会に出席しました。

たくさんの方が多くの前で順番に自己紹介しました。

自己紹介というのは
ファーストイメージの良し悪しを左右することを改めて実感したのです。


■失敗例■

▼主催者が「一言でお願いします」と言っているのにダラダラと長く話す人

▼緊張しすぎて怖い表情の人

▼言いたいこと、アピールしたいことだけ羅列する人

▼他人の自己紹介を聞いていない人


短い時間しかないのが通常。

その短い時間であなたのすべてをわかってもらおうとすると
押しつけがましい自己紹介になりかねません。

短い時間でご自身の魅力をすべてわかってもらおうなんて
絶対に無理です。

大切なのは自己紹介で以下の印象を持ってもらえること。

「後で名刺交換したいな」

「面白そうな人だな」

「話しやすそうな人だな」

こう思ってもらえたらファーストイメージ戦略、大成功だと思いませんか?


■成功する自己紹介に必要なのは■

▼笑顔

▼楽しんでいる雰囲気

▼人の自己紹介を聞く時の温かな聴き方

▼礼儀正しさ(謙虚さ)

あとは緊張しないためにも「自己紹介定型」をもっていると
さらに心強いですね。


Follow me!

お問合せ

お問合せはこちら