やる気スイッチ

イメージコンサルタントの谷澤史子です。
自分が題材になって詩(ポエム)を作ってもらったことありますか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■「初恋」島崎藤村

まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の
花ある君と思ひけり
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この詩の題材になった少女がうらやましい〜と
思春期の頃思ったものでした。

それがですね!!
な・な・なんと!実は私が題材となった詩を作っていただいちゃったのです♪

経営コンサルタントの松崎俊道先生と二ヶ月ほど前に恒例の「食べまくる会」
でご一緒しました。
http://www.kaizen.co.jp

その時に、他界した母の話題の延長でビジネスモードにスイッチを
切り替える方法の話題で盛り上がりました。

それを松崎先生が覚えていてくださり、ステキな詩を作り
「近代消防」誌11月号に掲載してくださったそうなのです。

まずはご一読ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■女の気合い

F子さんの母が
末期がんで苦しんでいるときのことだ
オシャレが好きな母だった

「モルヒネを打つくらいなら赤い
マニキュアをつけて!」と叫んだ

余命三ヶ月といわれたが
命は三年永らえた

そのF子さんは今バリバリ働いている

朝、ブラジャーをした瞬間から
「今日もやるぞ!」と気合いが入るという

女たちの方が
気合を入れる術を知っている

男たちの気合いは
いったいどこへいったのだろう?

                 松崎俊道 作
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

アルコールが入っていつもに増して拙くなっている私の話を
ステキな言葉のリズムで表現してくださり、感動でした!

自分にスイッチを入れるのがブラジャーのホックを掛ける事
ですから、
逆に、家に帰ったら、
「フハァ〜お疲れさん」という言葉と共に真っ先に外します(笑)

これがちょうどよくリラックス効果を生むのです。


おそらく、男性のふんどし締めて気合いを入れる感覚に
近いのかと・・・。
松崎先生もそうおっしゃっていました。

さすがにね、ふんどし締めてスーツって訳にもいかないですから
自分自身で気合いを入れるスイッチを持っているといいですね。

例えば男性ならば、
時計をする
皮靴の紐を結ぶ
フレグランスをつける
髭を剃る

女性ならば
メイクをする
ストッキングをはく
髪をまとめる
ピアスをつける

などなど。

何気なくしている行為(しかも見た目を変える行為)を
「これは自分をビジネスモードに変えるスイッチだ!」
と体と頭に言い聞かせる事によって
朝から気合いが入りシャキッとなるはずです!

さっ!今日も気合い入れて、頑張っていきましょうね!!!

Follow me!

お問合せ

お問合せはこちら