同性の褒め言葉

イメージコンサルタントの谷澤史子です。
先日、ミューズのオーダースーツをご注文くださっていたお客様が
品物を取りにみえました。

彼はミューズのオーダースーツを気に入ってくださり、今回で3着目
になります。
http://xn--kck3awo3zcb.jp/

「このあいだ、『シャレたの着ているね!』って言われました。」

すかさず

「女性に?男性に?」と聞くと

「男性です・・・。」と。

それは非常に喜ばしい事です!

異性よりも同性の目のほうがシビアですから、同性から褒められるって
自信を持っていいことです。

また男性って同性の見た目をめったな事で褒めませんから
男性が一人の男性に見た目で褒められると言うのは
女性10人に褒められる位の評価に値すると考えていいでしょう。

私は女性と会うときに方が男性と会うときよりも数倍気を使います。

例えば、マニュキュアの先が少しはがれかかっていたとします。

男性に会うときは
「これくらいわからないかな?」と、そのまま外出(笑)。

これが女友達と約束している時はとりあえず応急処置を施します。

しかし女性同士のシビアな視線は、応急処置も見破られますので
本当に気が抜けません。

そういえば、共学の学生よりも女子校の学生の方が
華やかでオシャレに気を使っている割合が高い気がしませんか。
同性のシビアな視線がオシャレを磨くのです!

男性の場合、同性に
「それかっこいいね」「似合うね」と褒められたら
間違いなく本音ですから、その言葉ありがたく頂き、自らの自信に
して良いと思います。

女性の場合は、少し注意が必要です。
女性同士「それかわいい〜!」とよく褒めあっているように思えますが
実は、本心でなかったり、相手の優越感から来る褒め言葉だったりするからです。
(女性って怖いですねぇ・・・)

女性が
「その口紅どこのブランド?」
「カバン見せて!」

と興味をもたれた場合、これって相手の見た目、センスに感心している
証拠です。

同性の視線を意識して異性も釘付けにする、
これって究極の見た目磨きです。
皆で頑張りましょ!

さて、同性が思わず見惚れてしまうスーツは
ミューズのスーツオーダーサービスで是非どうぞ!

Follow me!

お問合せ

お問合せはこちら