自己投資

イメージコンサルタント養成講座を受講している生徒さんから
こんな質問を受けました。

「営業の仕事を頑張ってほしい友人がいるんですが、ファッション
がどうも営業向きじゃない気がするんです。
本人は全くファッションに興味がないらしく、
ファッションにお金をかける気持がわからないって言うんです。
そういう人にはどうやってアドバイスすればいいのですか?」


最初に私が質問したのは

「本人は変わりたがっている?」

でした。


本人が営業成績を上げようと自分を進化させる気持ちがなければ
イメージコンサルティングは難しいからです。

この質問の答えは

「営業成績がままならないので、自分を変えなくちゃと思っている
いると言ってます。
でも、洋服にお金をかけるという概念が持っていないような気がします」

とのこと。

この人は人から
どう見られているか?
どう感じられているか?
どう思っていられるか?

という感覚が薄いのですね。

それでは営業が上手くいくはずがありません。

営業は商品を売ります。

商品は
どう見られているか?
どう感じられているか?
どう思っていられるか?

を考えて売らなくてはいけないからです。

私は生徒さんにこのようなアドバイスをしました。

「友人に、『あなたが売っている商品の魅力をあなた自身が見た目で表現
出来るようにならなくちゃ売れないよ。まずは自分自身を磨いてみようよ』
って言ってみたら?」

とアドバイスしました。


「もしも、友人んがファッションにお金をかけるのがもったいない」
というようであれば

「ファッションにお金をかけるのではなくて自分にお金をかけている」
と言うこともできるでしょう。



不景気の昨今。

投資すべきは自分でしょう。
この投資は、間違いなく、
数年後に大きな配当が得られるはずです。

Follow me!

お問合せ

お問合せはこちら