常識よりも良識を

イメージコンサルタントの谷澤史子です。

自分が世の中の常識だと思っていしまうことは怖いことです。


先日食事に行ったときに隣の席の男性が店員さんのワインを注文
する声が聞こえてきました。

「赤ワインくれる?」

店員さんは

「グラスになさいますか?ボトルになさいますか?」
と聞きました。

「そんなのボトルに決まっているだろ!」怒鳴る男性。

一緒いる方に

「あの店員、常識ないよな!グラスのはずないよな!」

と同意を求めていました。


彼の発言は隣のテーブルの私たちまで気分を悪くしました。

こんな風に周りの気分を悪くさせる彼は
常識がない人だとも思いました。




うん?あれ?おかしい・・・・。




私が思う常識と彼の思う常識はかみ合わないなんて
ことおかしいのではないか?


常識って誰もが共通して持っているもののはずなのに。


そもそも「常識」って何?と疑問を持ちました。


さっそくウィキペディアで検索。

■常識(じょうしき)は、社会の構成員が有していて
当たり前のものとしている価値観、知識、判断力のこと。

とありました。
そうなると、「当たり前」って何?と次々疑問が出てきます。

しかし、ウィキペディアでストンと落ちる常識の見解が
記載されていました。


常識と真理の中でこのような一文を見つけたのです。

■哲学者の三木清によれば、常識の上位概念として良識があるという。
 常識人が常識を無謬のものとして受容し、
 常識を盾にして非常識を断罪するのに対し、
 常識に疑問を持てる知恵が良識なのである。


自分自身の常識に疑問を持てる知恵とは

自分の常識理論によって誰かを侮辱していないか?
自分の常識理論によって誰かの自由を奪っていないか?

と考えることができる人でありたいと強く思ったのです。


目指すは、
常識人よりも良識人!

Follow me!

お問合せ

お問合せはこちら